Brass&Iron

諏訪清陵吹部兼鉄研兼写真部OB某の徒然なる??日々の記し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

注連掛

今日から3日間は諏訪大社下社の里曳き。


注連掛(しめかけ)を出発して、春宮御柱は春宮境内まで曳いて建て御柱、秋宮御柱は春宮境内を通り、秋宮まで曳いて建て御柱。


下社は山出しに木落しが1回、里曳きに2回あるということは最近知った


諏訪地域に住んでると言っても、もう片方の御柱については知らないことがあるのだ



“注連掛(しめかけ)”とは、下社御柱の山出しから里曳きまでの御柱置き場のことで、下諏訪町の国道142号線の脇にある。

上社御柱の御柱置き場は、茅野市宮川安国寺の“御柱屋敷”である。


ちなみに国道142号線は

起点:軽井沢町 中軽井沢交差点(国道18号交点・146号終点)

終点:下諏訪町 大社通り交差点(国道20号交点)

である



夕方、富士見の八ヶ岳山麓にある“ヒルサイドホテル富士見”の日帰り温泉に行ってきた

うちでは良く行く温泉である。

体が温まって、気分が良くなった


諏訪地域は、岡谷・下諏訪・諏訪が“湖のまち”、茅野・原・富士見が“高原のまち”という感じである。

俺は“高原のまち”地域について色々伝えていく予定だ


俺はここに生まれ育って良かったと思っている




家に帰って御柱を見たりしたが、秋四は21時半までかかり、大変そうだった


そして残念なことに建て御柱で2人亡くなってしまった


上社御柱の氏子だが、下社の方も無事終わってほしいと願っている
スポンサーサイト
  1. 2010/05/08(土) 23:41:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<建て御柱 | ホーム | しんだい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sshswosshtrpstk.blog64.fc2.com/tb.php/277-befbca1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。